鳩やカラスなどの鳥害を我々と一緒に解決していきましょう – 株式会社アンテック

対策の失敗

対策の失敗

鳥害対策に失敗はつきもの?
価格や見た目で対策を決めて、結局被害が止まらないのでは意味がありません。

その対策で良いのですか?

失敗例 その1 – ネットでの対策

ネットでの対策

ネットでの対策

防球ネットで対策をされていましたが、樋の上が開いているので鳩が中に入っています。

給湯器の上にいる鳩が見えますか?
鳩が対策したところに入ると、逆に鳩が外敵から守られるのでとても良い条件の巣となってしまいます。更に入口が狭いと、一度中に入った鳩が出口を見つけられず大変なことになります。

きちんと施工をすれば成功だったかも知れませんが、(ネットの重みで?鳩の重みで?)角が外れてきましたので、入り放題です。
消防署対策かもしれませんが、ネットが取り外し可能な感じの設置でしたので問題ですね。

失敗例 その2 – 剣山での対策

剣山での対策

剣山での対策

被害箇所に剣山を置いて対策をしておられましたが、隙間にとまって寝ています。

恐らく隙間に入って寝るのは設置業者も予想外でしょう。
鳩は以外にしつこいんです。
剣山が体に触ろうがどうしようが「眠いんだ」と言うことでしょう。

剣山による対策は万能ではありません。
飛来しにくい場所になりますので、他に飛来しやすい場所があればそちらに行きます。剣山の上に枝等を乗せて巣にしている例もありました。

この場所では、剣山奥のに寝ています。
ちなみにこの場所には大量の巣もありました。
ワイヤー(磁石)・剣山は、糞が落ちなければ良しとする対策だと言うことを忘れてはいけません。

失敗例 その3 – ワイヤーでの対策

ワイヤーでの対策

ワイヤーでの対策

下に糞を落とすので、ワイヤーで対策をしておられました。

間接照明で綺麗です。
下への糞は減りそうですが、鳩が巣を作ってしまいました。
照明で少し暖かいので、巣作りには持って来いですね。

巣がある附近には鳩の出入りも多くなり、結果的に糞が増えます。
飛来する場所だけを対策することで問題が大きくなるパターンです。
ワイヤーでは不十分な対策となって、結局きちんとした対策を行う費用は倍以上ではないでしょうか。
更にワイヤーでの対策をはじめ、鳥対策にはいくつかのコツがありますので、モノをつけたから大丈夫ではないことを知って下さい。

基本的な対策は巣を作らせないようにすることです。
しかし、ワイヤー(磁石)での対策は「糞がここに落ちなければ」ということだけなので、根本的な対策にはなりません。

失敗例 その4 – 磁石での対策

磁石での対策

磁石での対策

磁石で鳥対策をできると信じている人がまだまだ多いですね。

「磁石を付けたら鳥が来なくなった」という声もあります。
でも、実際に磁石が付いていようが付いていまいが、所謂プロテクタ効果だと思います。

「鳥は地磁気を感じて飛んでいる」
磁石での対策で語られる宣伝文句です。
しかし、エサを探したり、着陸地点を選ぶのは目で行います。
鳥は地磁気や太陽コンパスと言われる本能で方向を判断しますが、目で見える範囲は「目」で見て判断していると考えられます。

そもそも、地磁気と磁石は関係ないと思われます。
実験等のビデオもありますが、それは「磁石の無いワイヤーでも同じ結果」になると思います。
鳩でもカラスでも新しい物には警戒するのです。

慣れれば一緒なのです。

失敗例 その5 – 磁石での対策

磁石での対策

磁石での対策

磁石の対策は非常に費用が高く、効果はほとんどなく、費用対効果に当りはずれがあるのでお勧めできません。

写真のような磁石でなくても、強力磁石で試してみても、くるくる回っていても、結果は一緒でしょう。

鳥が飛来する条件は様々なものがあり、より慣れた場所に飛来します。
いつもの場所に見慣れぬものがあると警戒し、当然別の場所へ移動するわけです。
別の場所が無かったり居心地が悪いと、少々問題があってもいつもの場所にやってくるのです。

つまり、周辺の条件で対策結果が変わるのです。
特に磁石は。

防鳥網などの対策と決定的に違うのがココで、磁石やワイヤー・剣山は設置箇所にとまりにくいだけになります。
はっきりと言ってしまえば、磁石は関係ないのです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-810379 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社アンテック All Rights Reserved.